石田まさひろ政策研究会

【報告書】令和元年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果

いじめ、不登校、自殺など、児童生徒の行動について、事態を正確に把握するための調査を行い、学校における諸課題の把握し、効果的な対策を講じるための調査。

認知されているだけで、暴力行為は、児童生徒1,000 人当たり6.1 件、いじめは1,000 人当たり46.5 件である。子どもたちが安心して学校に通えるための環境づくりを強化しなければならない。

令和2年10月22日

文部科学省

https://www.mext.go.jp/content/20201015-mext_jidou02-100002753_01.pdf

Return Top