石田まさひろ政策研究会

令和2年度 消防白書

令和2年は多くの自然災害に加え新型コロナの影響により、多くの人的被害、物質的被害が生じた。救急業務を担う消防活動では、保健所などの関係機関と連携し新型コロナ対策の活動も行われた。特集では、地域における防災の中核的役割を担う消防団について、Society5.0時代におるAI等の活用が示されている。

令和2年12月25日

総務省消防庁

https://www.fdma.go.jp/publication/hakusho/r2/items/r2_all.pdf

 

Return Top