石田まさひろ政策研究会

現在の職場での満足度D.I.

正社員と正社員以外で比較してみると、満足度は、正社員では「雇用の安定性」が最も高く、正社員以外では「仕事の内容・やりがい」であった。一方、最も低いのは、正社員では「人事評価・処遇のあり方」で、正社員以外では「教育訓練・能力開発のあり方」であった。
働き方改革により、今後の調査で、処遇に関する満足度がどのように変化するか、注視していく必要がある。

*満足度D.I:仕事の内容・やりがいや賃金など 11 の項目と職業生活全体について、「満足」又は「やや満足」とする労働者割合から「不満」又は「やや不満」とする労働者割合を差し引いたもの

令和3年2月12日
厚生労働省 令和元年度就業形態の多様化に関する総合実態調査の概況

Return Top