石田まさひろ政策研究会

報告書「バイオテクノロジーが拓く『第5次産業革命』」

AI・IT等のデジタル技術と医療・エネルギー・高機能素材等あらゆるモノづくりに、バイオテクノロジーが用いられ、バイオエコノミー社会が世界的に到来しつつある。
政府は令和元年にバイオ戦略を策定し、2030年に日本の世界最先端のバイオエコノミー社会実現を目標としており、バイオ小委員会では、次世代の経済社会をけん引する産業の柱として、また日本のバイオ産業の競争力向上のため、施策の審議結果を報告書してとりまとめている。

令和3年2月

経済産業省産業構造審議会 商務流通情報分科会 バイオ小委員会

https://www.meti.go.jp/shingikai/sankoshin/shomu_ryutsu/bio/pdf/20200202_2.pdf

Return Top