石田まさひろ政策研究会

【令和3年度厚生労働関係予算12 】 里親・特別養子縁組制度の普及啓発(8.4億円)

生まれてきた子供を育てられない時、里親や特別養子縁組によりその子が幸せに成長できることもあります。少しずつ理解が広まっており、特別養子縁組は624組(平成30年)から711組(令和元年)、里親は5,424組(同)から5,566組(同)と微増しています。

ただ十分かと言えばそうではないため、啓発、普及を図るための予算を計上しています。

里親養育包括支援(フォスタリング)事業の補助率の嵩上げ、市町村と連携した里親等委託に推進、障害児養育の里親等の負担軽減と言ったメニューがあります。

Return Top