石田まさひろ政策研究会

人生最後の迎え方に関する全国調査

人生の最後をどのような場所でどのように迎えたいか、看取る側と(子世代)看取られる側(親世代)の両方の視点から調査を行い、価値観を把握するために行われた調査。

子世代・親世代とも死期が迫ったとわかったとき「人生の最後を迎えたい場所」として望ましいのは「自宅」であり、住み慣れた場所で自分らしく最後を迎えたい、という考えが最も多かった。

更に、親は「家族の負担にならないこと」を重視し、子は「家族との十分な時間を過ごすこと」を重視していることなど、お互いを思う気持ちが調査結果にも表れている報告書となっている。

令和3年3月

日本財団

https://www.nippon-foundation.or.jp/app/uploads/2021/03/new_pr_20210329.pdf

 

 

Return Top