石田まさひろ政策研究会

令和2年度バリアフリー・ユニバーサルデザインに関する意識調査 報告書

関係各省庁にまたがる横断的な課題であるバリアフリー・ユニバーサルデザインについて、効果的に推進するため、国民のバリアフリー・ユニバーサルデザインに関する現状の認識や評価、将来のニーズを把握することを目的とした調査を行った。
その中で、バリアフリーの認知度は69.8%であるの対して、ユニバーサルデザインは35.1%にとどまっている。
日常生活を送るうえで、バリアフリーやユニバーサルデザインが「進んだ」または「まあまあ進んだ」と答えた人は全体の36%と低く、今後、公共空間で重点的にバリアフリー・ユニバーサルデザインにしていくことが求められているのが、歩道等の歩行空間であった。
令和3年3月31日
内閣府
Return Top