石田まさひろ政策研究会

第204回 通常国会 参議院本会議 【令和3年5月19日】

給付は高齢者中心、負担は現役世代中心というこれまでの社会保障の構造を見直し、全ての世代における給付と負担を見直す、「全世代対応型の社会保障制度を構築するための健康保険法等の一部を改正する法律案」。

今回の法改正により、後期高齢者医療における窓口負担の見直し、子ども・子育て支援の拡充などが行われるが、これまで行われてきた、社会保障制度改革推進法によるさまざまな改革に、どのように反映しようとしているかなど、菅総理大臣、田村厚生労働大臣に質問しました。

動画はこちらから↓

Return Top