石田まさひろ政策研究会

【第204回通常国会法案解説シリーズ39】プラスティックに係る資源循環の促進等に関する法律案

プラスティック廃棄物には以前から課題が多いが、気候変動、海洋プラスティックゴミ等の課題解決の気運が高まっていることを背景に、資源循環をテーマに新たに規制法をつくる。

設計や製造過程に関しては、環境配慮設計に関する指針をつくり、この指針に適合した製品を認定するしくみをつくる。

販売や提供に関しては、プラスティック製のスプーンやストローなど使い捨てのように使うものについて、小売りやサービス事業者が取り組むべきこと(例えば有料化、代替製品の利用、販売場面での声掛け)を明確にし実施してもらう。

排出・回収・リサイクルに関しては、分別収集の促進、再商品化・再資源化の計画的な推進などを進める。

Return Top