石田まさひろ政策研究会

コロナ後の働き方の変化の定着希望

コロナ禍において、多くの人の働き方に変化が生じています。この変化をコロナ収束後も希望するかについて、「業務の要不要の見直し」「時間管理の柔軟化」は、5割を超える人が定着を希望するのに対し、「テレワークの普及」「対面営業の縮小」などは定着を希望しない人の方が多くなっています。

公益財団法人 社会経済生生産性本部 第7回働く人の意識に関する調査

令和3年10月 

Return Top