石田まさひろ政策研究会

【第208回通常国会法案解説シリーズ20】自動車損害賠償保障法及び特別会計に関する法律の一部を改正する法律案

交通事故の死者は減少傾向が続いていますが、重度後遺障害者数は横ばいのまま(1,700人程度)です。交通事故を原因にした遷延性意識障害者へは、交通事故事故対策事業で療護病院の運営等で対応していますが、長期化する人も多く、リハビリの充実や看護師が常駐するグループホーム、手厚い介護体制の構築等が必要となっています。

 

そのために必要な費用は、自動車事故対策勘定は積立金を取り崩し続けている状況であり、このままでは令和20年度に積立金も枯渇します。そこで、賦課金の増額(現在より150円を超えない)、保障事業と被害者支援・事故防止の勘定の統合等を行います。

自動車損害保険法のサムネイル

Return Top