石田まさひろ政策研究会

【第208回通常国会法案解説シリーズ27】電気通信事業法の一部を改正する法律案

テレワークや遠隔教育の増加などもあり、ブロードバンドサービスは年々伸びており、 「整備」に加え「維持」の重要性も高まっています。
特に不採算地域について安定的な環境の提供ために、交付金制度を創設します。

情報の管理を厳密にするために、大規模な事業者が取得する利用者情報について適正な取扱いを義務付けます。

携帯大手3社・NTT東・西の設備が他事業者に広く提供されていますが、その卸料金が長年高止まりしていると指摘されています。そこで卸役務の提供義務化や料金算定方法等の提示義務を課します。

Return Top