石田まさひろ政策研究会

母親の就業状況の変化

母親が有職の割合は、出産1年前時に61.9%ですが、出産半年後に 35.6%に低下します。その後は年々上昇し、子が小学5年生になった時点では 79.3%となります。平成13年実施の調査では子が小学5年生になった時点での有職の割合は70.8%であるのに対し、 8.5 ポイント高くなっています。

出典:厚生労働省 第11回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)の概況

令和4年5月18日

 

Return Top