石田まさひろ政策研究会

小学生のコンピューターゲームをする状況の変化

小学1年生から小学5年生までのコンピュータゲームをする割合の変化をみると、学年が上がるにつれてコンピュータゲームをする割合が上昇しており、小学1年時から小学5年時までで約1.7倍に増えています。

出典:厚生労働省 第11回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)の概況

令和4年5月18日

Return Top