石田まさひろ政策研究会

「障害を理由とする差別に関する国内の実態及び 今後の相談体制の整備、事例の収集・共有等に関する 調査研究」報告書

障害を理由とする差別を解消するための支援を強化するために、障害者差別解消法が令和3年に改正されました。これを踏まえ、地域の実情や実態等を踏まえつつ、今後の効果的な相談体制の整備、事例収集・共有の在り方等についての考え方を検討・提示することを目的に調査研究が行われ、その結果が報告されました。

https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/tyosa/r03jittai/pdf/print.pdf

出典:内閣府

令和4年3月17日

Return Top