石田まさひろ政策研究会

コロナ禍収束後の働き方等の変化の可能性

「コロナ禍収束後、変化は起こり得るか」という質問に対し、「起こり得る」「どちらかと言えば起こり得る」とした回答の合計は、「時間管理の柔軟化」については51.3%であり、「テレワークの普及」については42.5%でした。

出典:厚生労働省 これからの労働時間制度に関する検討会第16回資料

令和4年7月15日

Return Top