石田まさひろ政策研究会

ミャンマー地震

イタリア中部で大きな地震があり多数の死傷者がでました。まだ捜索が続いていますが被害が広がりませんように。被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

同じころ、ミャンマーの中部でも地震がありました。イタリアより大きなマグニチュードでしたが深いところで起きたので、比較して被害は少なかったようです。しかし、場所がバガンのあたり。たくさんの仏教遺跡が被害にあいました。

私はバガンに先月行ったばかり。

遺跡はほとんどがレンガで作られており、揺れに弱い構造になっています。1000年程前のミャンマー初の統一王朝・バガンの都があった場所で、平原に3000もの仏塔(パゴダ)や寺院が林立している風景は圧巻です。

権力者が民をつかって建てさせたのではなく、信仰が厚い民衆が持っている私財をなげうって建てたといわれています。いまでもミャンマーは仏教国。バガンの遺跡の修復も今でも続けられています。

今回の地震で数百のパゴダが壊れたそうです。でも、信仰の厚さを考えればきっと修復されると思います。日本もそれを支援できればと思います。

改めて、イタリア、ミャンマーの皆様にお見舞い申し上げます。

ミャンマー バガン

Return Top