石田まさひろ政策研究会

臨時国会が始まりました

臨時国会が始まりました。

この国会も、財政金融委員会、沖縄及び北方問題に関する特別委員会の2つの委員会の委員を継続します。これまで3年間同じ委員を務め、委員会の論点にも精通してきましたので、今後なお一層深い議論をするように努力をしていきます。

新たな役割として、議院運営委員会の理事になりました。合わせて参議院自民党の国会対策委員会の副委員長にも就任しました。なかなか説明をしにくい役割なのですが、参議院全体の運営に関わる役割なので非常にやりがいがあります。

ほかの委員会は特定の分野の法案審査を主に担いますが、議院運営委員会は、参議院の運営を中心に,国会法や議院の法規,議長の諮問,国会図書館の運営,裁判官弾劾裁判所や裁判官訴追委員会に関するものなど守備範囲が広いです。会社でいうと総務のようなところですかね??

本会議の運営、委員会の設置、委員会への法案の付託などを決定するため、やるべきことが多く、国会開催中は連日議論が続きます。

今国会の開催までの準備も数週間前から行ってきました。手続きを一つでも間違えると開会ができなくなります。与野党で考え方が違うことも多く、調整は簡単ではありません。上席の理事の先輩の動きを見て、つくづく大変だと思います。

今までは、役所との交渉や政策議論など多くの仕事を議員会館の自室でやっていました。しかし、議院運営委員会理事や国会対策委員会副委員長の仕事が断続的に続くために、日中の多くの時間を参議院内で過ごしていますので、自室に行ったり来たりする時間がもったいない。そこで、参議院内で大半の業務をやることにしました。

精一杯努めてまいります。

dscn8225

Return Top