石田まさひろ政策研究会

「新たな子ども家庭福祉のあり方に関する専門委員会」報告書

平成28年3月16日
厚生労働省 社会保障審議会児童部会

子どもの虐待事例の急増や自立が困難な子どもが、増加の一途をたどっています。それらを防ぐため、子ども家庭福祉の体系の再構築を実現するための議論が行われました。その内容が書かれています。

・子どもの権利の明確な位置付け
・家庭支援の強化、すなわち子ども虐待の予防的観点の明確化
・国、都道府県、市区町村の責任と役割の明確化
・基礎自治体(市区町村)の基盤強化と地域における支援機能の拡大
・各関係機関の役割の明確化と機能強化
・子どもへの適切なケアの保障

等についてまとめられています

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000116647.pdf

Return Top