石田まさひろ政策研究会

児童虐待相談対応件数の推移

児童虐待の相談対応件数が10万件を超えるレベルに増加しています。
児童虐待は、複雑な家族環境などで発生することも多く、転居などで支援が途切れやすいため、予防介入の取り組みの一つとして、自治体横断的な継続支援ができるシステム作りをさらに進めていく必要があります。

出典:平成29年1月13日
最近の子育て支援をめぐる状況

児童虐待相談対応件数の推移のサムネイル

Return Top