石田まさひろ政策研究会

待機児童の状況

保育利用率が平成21年以降、約10%増えました。
しかし、待機児童数は依然横ばいのままです。
特に、1、2歳児が利用できる保育施設の拡充を見据えた取り組みが今後も必要です。

出典:平成29年1月13日
最近の子育て支援をめぐる状況

待機児童の状況のサムネイル

Return Top