石田まさひろ政策研究会

低出生体重児割合

低出生体重児の割合は約1割程度です。これは、周産期医療の技術進歩によるものだけではなく、喫煙、妊娠中の体重管理の方針、若い女性のやせ志向など政策を講じなければならない背景もあります。

出典:平成28年3月15日(火)
第6回健康日本21推進専門員会
雇用均等・児童家庭局提出資料

平成28年3月15日第6回健康日本21推進専門員会のサムネイル

Return Top