石田まさひろ政策研究会

在宅医療を行っている診療所の意向

在宅医療を提供している診療所の半数以上は、24時間対応連絡・対応が障璧となって在宅療養支援診療所の申請をしていないことが明らかです。
診療所の医師は、休憩時間や診療時間外の合間で、在宅医療を行っているため、夜間の対応までしきれないのが現状です。
24時間在宅医療が提供できる施設を増やす仕組みを作らねばなりません。

出典:平成29年4月12日
中央社会保険医療協議会

在宅医療を行っている診療所の意向のサムネイル

Return Top