石田まさひろ政策研究会

介護保険施設の入所者を対象とした口腔衛生管理の効果

日本の死因の第3位は肺炎ですが、歯科医師や歯科衛生士による口腔ケアやマネジメントにより、肺炎の発症が抑えられます。
そのため、在宅医療でも口腔ケアや口腔衛生状態を良好に保つ歯科医療サービスを一層進め、誤嚥性肺炎の予防を強化する必要があります。

出典:平成29年4月19日(水)
医療と介護の連携に関する意見交換会

介護保険施設の入所者を対象とした口腔衛生管理の効果のサムネイル

Return Top