石田まさひろ政策研究会

歯科傷病分類別の推計患者数の動向

歯科疾患のうち、慢性歯周病の患者数が特に高齢者で増加しています。歯周病は口腔内の疾患に留まらず、脳梗塞や心血管疾患のリスクを高めることから早期発見、治療に向けた取り組みが必要です。

出典:平成29年5月31日
中央社会保険医療協議会
歯科傷病分類別の推計患者数の動向のサムネイル

Return Top