石田まさひろ政策研究会

年齢階級別一人当たりの現在歯数

ここ30年の間で、特に高齢者での現在歯数が増加しています。
これは、一昔前の同じ世代の高齢者と比較して、健康である指標の一つと言えます。
健康寿命を上げるために、歯の健康も一層促進していく必要があります。

出典:平成29年5月31日
中央社会保険医療協議会
年齢別一人当たりの現在歯数のサムネイル

Return Top