石田まさひろ政策研究会

看護連盟の総会

6月は総会の季節。いろんな団体が総会を開き、昨年度の決算や今年度の予算や事業計画について議論します。

看護連盟も同じで、日本看護連盟そして47都道府県の看護連盟の総会が週末を中心に次々開かれています。日が重なっていることが大半で、ほとんどの総会にお伺いできませんが、いくつかは参加させてもらい、その様子をうかがうことができます。

先週末の土日は、4つの県の総会に行きました。
参加して思ったことは、一つは参加者が増えている実感、もうひとつは、若者と男性の割合が増している実感です。

いい感じだと思います。

看護連盟は政治団体で、政治は遠くにある印象が広がっていますが、決してそんなことはありません。毎日の生活の中で制度が関わっていることがどれほど多いことか。制度は私たちの生きる環境を変えていきます。

そんなことに関心を持つ人が多くなっているというのであれば、嬉しいことです。「政治を身近に」が、ますます進んでいくことを期待します。

Return Top