石田まさひろ政策研究会

平成28年国民生活基礎調査 介護の状況

平成29年6月
厚生労働省

この報告書では、日本の介護の現状が報告されています。
要介護者を抱える世帯の構成では、平成13年から平成28年にかけて、単独世帯や夫婦のみの世帯(高齢者世帯)が急増しています。
また、介護度が高くなるほど、家族がほとんど終日介護をしている者の割合が増加していることや、悩みやストレスを抱えながら介護をしている者が7割近くいることが明らかです。
在宅医療や介護が進む中、介護者となる家族をケア・支援する仕組み作りも同時に必要です。

平成28年国民生活基礎調査 介護の状況のサムネイル

Return Top