石田まさひろ政策研究会

医療機関への入院時の居宅介護支援事業所からの情報提供の実態

医療機関へ患者が入院する際に、居宅介護支援事業所からの情報提供が円滑に行えていない現状が約20%報告されています。
利用者に合ったケアを提供するために、情報共有は不可欠です。今後、医療機関から情報提供を要求されない理由や、医療機関の医師とコミュニケーションがうまくとれない理由など、さらに詳細の原因を明らかにし、情報共有が円滑にできる対応策を講じなければなりません。

出典:平成29年7月5日
第142回社会保障審議会介護給付費分科会

医療機関への入院時の居宅介護支援事業所からの情報提供の実態のサムネイル

Return Top