石田まさひろ政策研究会

児童ポルノ事件の被害態様

児童ポルノ事件の被害態様の割合で多いのが自撮り(脅迫、騙される等で自ら撮影する)や、盗撮です。
スマートフォンや、アプリケーションなどの目覚ましい発展により犯罪が増えていると考えられます。

出典:平成29年6月29日
児童買春・児童ポルノ被害児童の保護施策に関する検証・評価専門委員会

児童ポルノ事件の被害態様のサムネイル

Return Top