石田まさひろ政策研究会

児童虐待に係る事件 検挙件数・検挙人員の推移

児童虐待に係る暴行・傷害が年々増加しています。
妊娠中からの切れ目ない支援により、虐待の予防や早期発見に期待がかかります。また、虐待の早期発見や発見時の親子への対処等、支援のシステムを確立するのも課題です。

出典:平成29年度版犯罪白書

児童虐待に係る事件 検挙件数・検挙人員の推移のサムネイル

Return Top