石田まさひろ政策研究会

脳卒中対策基本法

自民党では尾辻秀久議員、石井みどり議員が中心になって脳卒中対策基本法の立法を
めざしていました。私もこのための議連に参加し、推進を目指しています。

ただ、残念ながら2014年に発議したものの、同年末の衆議院解散によって審議未了廃
案となってしまいました。

この度、これをブラッシュアップする形で、心筋梗塞等の循環器疾患も対象に加え、
健康寿命の延伸等を図るための循環器病(脳卒中等)対策基本法案とし、早期成立を
めざすことになりました。

日本人の死因のトップは言うまでもなく「がん」ですが、「心臓病」「脳卒中」をあ
わせれば、がんに匹敵します。両者に共通するのは動脈硬化が原因であること。動脈
硬化は、高血圧・糖尿病・脂質異常症・肥満等で生じやすくなります。

予防、発症時の救急対応、リハビリ等一体的に促進するための法体系が必要であり、
この法案では整備された体制をつくり、健康寿命を延ばそうというのが目的です。

国会会期末で日程は厳しいのですが、疾患の経験者はじめ多くの方から応援をいただ
いています。成立をめざします。

Return Top