石田まさひろ政策研究会

日本の梅毒報告数

日本における梅毒報告数が爆発的に増加しています。特に、女性は20~30代、男性は20~50代で増えています。
不特定多数の性交渉や、性産業従事・利用者など、特にハイリスク群の感染対策を強化しなければなりません。

出典:平成30年4月17日
第5回厚生科学審議会感染症部会エイズ・性感染症に関する小委員会
日本の梅毒報告数のサムネイル

Return Top