石田まさひろ政策研究会

第196回通常国会 法案解説シリーズ(25)-民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律案、法務局における遺言書の保管等に関する法律案-

家族のあり方についての国民意識も変わってきており相続のあり方も見直す必要があることから関連する法改正を行います。
特に正式な遺言については公正証書とするかすべて自筆であることが必要でしたが、恒例で手続きや自署ができない人も増えたため、財産目録などについては自筆でなくても良いようにします。
また、公正証書なら公証人も保管していますが、自筆の場合自己管理で紛失などもあり得るため、法務局に自筆署名遺言の保管制度をつくります。

Return Top