石田まさひろ政策研究会

薬局での服薬情報の一元的・継続的把握による効果

ひとつの薬局で患者の服薬情報を一元的・継続的に把握する事で、重複投与や、相互作用のある薬の飲み合わせを防げる等の事故が予防できています。
医療サービスの多様化により、一人の患者に関わる医師が増えています。薬局での管理の他、IoT技術なども併せて服薬事故が起こらないようにしていく必要があります。

出典:平成30年7月5日
厚生科学審議会(医薬品医療機器制度部会)

薬局での服薬情報の一元的・継続的把握による効果のサムネイル

Return Top