石田まさひろ政策研究会

セルフメディケーション税制

先の通常国会では参議院財政金融委員会理事として、いくつかの法改正をしました。
その内容を何度かにわけてお伝えします。

セルフメディケーション税制

平成29年1月1日から(平成33年12月31日まで)、薬局でスイッチOTC医薬品を購入
した場合、年末調整や確定申告で、医療費控除の特例として所得控除を受けることが
できます。具体的には、一年間に購入したスイッチOTC医薬品が1万2000円を超え
た分が課税所得から控除されます(上限8万8000円まで)。

この税制により、病院でもらう薬ではなく、自らが薬局で薬をかって自らの健康増進
や疾病予防が進むことを期待しています。
ですから、単に領収証を集めるだけではだめで、普段から、特定健康診査、予防接
種、定期健康診断、健康診査、がん検診を受けていることが条件になります。

なお、スイッチOTC医薬品とは、要指導医薬品及び一般用医薬品のうち医療用から
転用された医薬品のことで、かぜ薬、胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬 、肩
こり・腰痛・関節痛の貼付薬などがあります。

いまはまだ準備中ですが、制度が始まる年明けに近づくと薬局で税制控除対象の薬が
どれかPOPなどで表示されるようになると思います。レシートにも対象かどうか記
載されるようになるので、気を付けてみてください。

詳細はこちらを
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html

Return Top