石田まさひろ政策研究会

【政策資料集】系統電力需要と接続容量の急増

2030年には省電力化により2013年レベルの電力需要に落ち着く見込みである一方、導入が拡大している再生可能エネルギー電源に対応するための設備増強が必要となっている側面もあります。

出典:経済産業省 2019年5月18日
総合資源エネルギー調査会

Return Top