石田まさひろ政策研究会

【政策資料集】飲酒事故の死亡事故率比較

飲酒がない場合と飲酒があった場合を比較すると、死亡事故率は8.3倍にもなります。交通事故による被害者を減らすために、飲酒運転を根絶する取り組みを、社会全体で続けていく必要があります。

警察庁 平成31年2月14日
平成30年における交通死亡事故の特徴等について

Return Top