石田まさひろ政策研究会

【政策資料集】シートベルト着用状況(後部座席)に係る分析

後部座席で同乗中にシートベルトを着用していなかった場合、高速道路では約9.2倍、一般道でも約3.5倍致死率が増加しています。事故の死傷者を減らすために、シートベルトの有効性を周知し続けていく必要があります。

警察庁 平成31年2月14日
平成30年における交通死亡事故の特徴等について

Return Top