石田まさひろ政策研究会

【政策資料集】社会資本の老朽化の現状

2033年には建設後50年以上経過する橋やトンネルの割合が大幅に上昇します。点検を欠かさないとともに、地域によって今後必要なインフラを改めて見直す必要もあります。

国土交通省 令和元年 11 月 21日
社会資本整備審議会 計画部会

Return Top