石田まさひろ政策研究会

【政策資料集】予防保全への転換による着実なインフラメンテナンスの実施

道路やトンネルなどのインフラについて、機能・性能に不具合が生じてからの「事後保全」よりも不具合が発生する前に対策を行う「予防保全」のほうが約5割のコストカットを見込めます。損傷が浅い早期段階での手当を進めることが大切です。

国土交通省 令和元年 11 月 21日
社会資本整備審議会 計画部会

Return Top