石田まさひろ政策研究会

【報告書】顧みられない悲劇:世界における死産(英文)

死産の推計は、毎年年間200万件で、16秒に一人が死産となっている。死産の多くは、適切な産前産後ケアと熟練した助産師が不足していることが要因であることが示されている。

更に、新型コロナウィルスの影響により死産が増えるおそれがあり、出産における喫緊の対策が必要である。

2020年10月8日

ユニセフ(国連児童基金)、世界保健機関(WHO)、世界銀行グループ、国連経済社会局人口部の共同

https://www.unicef.or.jp/news/2020/0214.html

 

 

 

Return Top