石田まさひろ政策研究会

過労死等の防止のための対策に関する大綱に係る数値目標の進捗状況

平成27年に、過労死などの防止のための対策に関する大綱が閣議決定され「過労死をゼロにし、健康で充実してき続けることのできる社会」を目指し、過労死対策が進められています。

令和2年までに、年次有給休暇取得率70%の目標を設定していますが、令和元年の時点で56.3%と目標には達していません。また、取得状況をみると、4人に1人はほとんど取得できていない状況です。

更なる取り組みが必要です。

 

令和3年3月

厚生労働省 過労死等防止対策推進協議会

Return Top