石田まさひろ政策研究会

看護配置7対1の入院基本料の届出状況

もっとも高い看護職員配置を求める入院基本料7対1は、診療報酬改定のたびに算定要件の見直しが続いており、平成26年をピークに減少傾向にあります。

一方、看護の必要量は現場実感としては増加しており、制度と実態のかい離が広がっていると思います。

出典:厚生労働省 中央社会保険医療審議会入院医療等の調査・評価分科会 資料より

Return Top