石田まさひろ政策研究会

65歳以上の食事回数とタンパク質の摂取量の関係

食事は主食・主菜・副菜をバランス良く採る事が大事です。65歳以上の人で主食・主菜・副菜をそろって2回の以上食べた場合は、タンパク質推奨量を満たしています。

平成28年7月25日
国立研究開発法人審議会

thumbnail of 65歳以上の食事回数とタンパク質の摂取量の関係

Return Top