石田まさひろ政策研究会

日本社会に関する認識

日本社会に関する認識として、「偽の情報を含め様々な情報がインターネット上で氾濫し、それが容易に手に入るようになった」と答えた人は64.4%となっています。氾濫する情報の中、正しい情報得るために利用者も工夫が必要です。

出典:内閣府 治安に関する世論調査

令和4年3月31日

 

Return Top