石田まさひろ政策研究会

人生100年時代に求められる能力

企業が重視してきた能力として、かつては「経験をもとに着実に仕事を行う能力」の割合が高かったですが、人生100年時代の現代においては「自ら考え、行動することのできる能力」、「柔軟な発想で新しい考えを生み出すことのできる能力」の割合が高くなっています。

出典:厚生労働省 第177回労働政策審議会労働条件分科会(資料)

令和4年8月30日

Return Top