石田まさひろ政策研究会

地域住民が集う“場”の提供-ORANGE LIVING BASE-

福井県のオレンジホームケアクリニックに訪問し、紅谷浩之医師とゆっくり話をしてきました。

偶然ちょうど、隣の敷地に「ORANGE LIVING BASE」という”場”をオープンさせたばかりで、真新しい気持ちの良い空間で、充実した時間を過ごすことができました。

とてもHappy ! でした。

地域での生活は医療だけでは支えられません。
医療や介護の仕組みだけでなく、コンビニとか郵便局とかスーパーとかバスとか、みんなで支え、支え合うものです。
地域包括ケアという考えが浸透してきましたが、そこにもっと生活を支えるという考えを強調していかなければならないと思います。

紅谷さんが仲間たちとつくった「ORANGE LIVING BASE」は、地域に暮らす人たちが集い、出会い、支え合う拠点です。人が集まるには気持ちよい空間が必要なのですが、ここは、本当にのんびりと過ごしたくなる場でした。

こういう場から、生活を支える相互作用が生まれるのだろうなと思いました。

今度行くときは、お酒でも持って行って、そこで出会った人たちとの会話を楽しもう。
場の力はすごいです。
人はその人にあった場を得るだけで元気になる、と私は信じています。
そんな場に「ORANGE LIVING BASE」はなっていくと思います。

Return Top