石田まさひろ政策研究会

平成28年版厚生労働白書 -人口高齢化を乗り越える社会モデルを考える- 【第2章】高齢期の暮らし、地域の支え合い、健康づくり・介護予防、就労に関する意識

本章では、40歳以上の者を対象に、老後の暮らし方、雇用などの意向について実態調査を行った結果の報告がされています。以下の内容が主に書かれています。

第1節 高齢者の意識
第2節 暮らしに関する意識
第3節 地域の支え合いに関する意識
第4節 健康づくり・介護予防に関する意識
第5節 就労に関する意識

老後も夫婦や単身で生活を、自宅で看取ってもらいたいと考えていること、65歳を過ぎても働き続けたいと考えている者が多いことなど実態が明らかとなっています。

平成28年版厚生労働白書 -人口高齢化を乗り越える社会モデルを考える-【第2章】のサムネイル

Return Top