石田まさひろ政策研究会

同一労働同一賃金に向けた検討会報告書

平成29年3月
厚生労働省 同一労働同一賃金に向けた検討会

正規雇用と非正規雇用の格差が大きいという問題が浮き彫りになっています。
そのため、正規か非正規かという雇用形態に関わらず均等・均衡待遇を確保するという、
同一労働同一賃金を実現する政策がすすめられています。本報告書は、その第一歩として法整備を見据えてまとめられたものです。

同一労働同一賃金の実現に向けた検討会報告書

Return Top